回数の問題

超音波を使ううえで、欠かすことができないセットがジェルです。美容家電として、ランニングコストがかかってしまう部分ですが、それだけに効率のいいものを選んでいく必要が出てきます。実際にジェルと呼ばれていますが、化粧水や美容液であり、効率化できるための化粧品と考えるといいでしょう。

実際にさまざまな製品が作られており、機種ごとにいろいろな違いも生まれてくるようになりました。基本的なかたちは同様ですが、振動を使って毛穴を引き締めるものもありますし、水を使って行えるものもあります。水を使える場合には、ランニングコストはかなり抑えることができるでしょう。

超音波ピーリングとも言われるようになりましたが、気をつけなければいけないのは、皮脂も落としてしまうことになるため、肌が乾燥しやすい状態になることです。タイミングもありますが、化粧水を使った保湿などは十分に気をつけていかなければいけません。

頻度としては、1週間で2~3回にしておくところが重要です。手軽に使えることから何度もやってしまいがちですが、あまり繰り返してしまえば必要以上に刺激を与えることになってしまいます。適度に使うことが重要ですので、取扱説明書に従うことが大切です。